世界に1つだけ、我が子の為の指導プログラム
教室教室 ピアノ

『100人子どもがいれば、やる気のひき出し方も100通りです。子どもとご父母とじっくり向き合える塾を作りました。何でもご相談ください。』

年長はこちら
年中はこちら
合格力診断2017
年長はこちら

2017年6月10日(土)
今年もアジュライトこどもスクールに精華小学校校長の大庭先生の講演会を開催いたしました。
(アジュライトの講演会は、一般への開放は無く、正会員限定参加で行われます。)
大庭先生は、精華小の話を初めて聞くアジュライト会員のご父母に、ひとつひとつ丁寧に説明をしてくださいました。
後半は塾長の三原と談話形式で精華小学校の生活から個人的な趣味の話などで盛り上がりました。
大庭先生はサービス精神旺盛に、おもしろい話を沢山してくださいました。
本当にありがとうございました。

アジュライトスタイル誕生!!

無料おためし体験授業へのお申込みはコチラ

作文&算数特訓コースへのお申込みはコチラ

小学校受験 精華小小学校受験 国大横浜小
小学校受験 年中・年少アジュライト音楽プログラム


『幼児教育』から進化した『子ども教育』がここにあります。

アジュライトの『子ども教育』

理想的な指導方法や環境を追求した場合、『方法は1つでは無い。1人1人にポイントがある。』と言い切れます。多くの大人は『子ども』を『子ども』としてとらえてしまいますが、『子ども』ではなく、『1人の人間』として接すること。アジュライトは、それこそが教育の真実であると考えます。100人いれば100通りの個性があり、特長も目標も違います。教室もそれぞれに長所と短所があり、指導する講師にも長所・短所があります。『躾』と称し厳しく行うか、『やる気』と称しモチベーションのアップを優先するか、『合格』と称し技術に特化するか、どの方法にも一長一短があり、完璧ではありません。なぜなら相手が『人間』であり『子ども』ですからポイントはそれぞれによって違うのです。バランスが大事だと多くの教育者が言います。しかし誰に言っても当てはまる、とり繕いの言葉として使われることも多くなりました。その子に大切な事は100人いれば100通りの答えがあるのです。

大切なのは『この状況では、子どもにどう伝え、何を優先して教えるのか?』この判断を的確に行う事こそ、画一化されつつある教育の価値観を新しく進化させる考え方でしょう。我が子の性格、特性、現在の実力、志望校など情報を整理し、状況に合わせて、何を見送り、何をいかすのか。しっかり考えてベストな選択をしていきましょう。


アジュライト(アズライト)とは・・・
直感力、学習能力の向上、情操の育成など子どもを育てる上で良い効能をもたらすパワーストーンだと言われています。自分を信じる事、人に認めてもらう事、人間が成長する上で欠かすことの出来ない重要な2大要素を象徴した教育を目的にします。
お問い合わせフォームへ

ページ上へ戻る

小学校受験 精華小 小学校受験 精華小 小学校受験 国大横浜小 小学校受験 年中・年少 小学校受験 国大横浜小 小学校受験 年中・年少 アジュライト音楽プログラム
よくあるご質問 <教育編> よくあるご質問 <システム編> 授業の様子